MFレンズ初体験

2014-10-27 / 写真 / 0 Comments

MFレンズ練習

安価な85mm/F1.4のレンズを入手しましたので、
さっそく試し撮りに行ってきました。

完全MFなレンズを使うのは初めてだったのですが、α7のピーキング表示のおかげで
予想外に楽なピントあわせが出来ることが判明。
これならMFが使いこなせずにお蔵入りってことは避けられそうです。

安レンズですがボケも悪くはないので、しばらくはこのレンズで遊べそうです。

Read More

明治神宮

2013-05-06 / 写真 / 0 Comments

カメラの試し撮りをかねて明治神宮に行ってきました。
明治神宮は比較的近場にあるのですが、初めての参拝となります。

初詣で300万人が参拝する神社だけあって、さすがに巨大です。
渋谷と新宿の中間地点に、これほど巨大な森があるのも驚きです。確かにこの森ならタヌキが出没しても不思議じゃありません。

 

DSCF0131.jpg

北参道の鳥居です、奥に見えるのはNTT docomo代々木ビルです。
都会のど真ん中にあることが良くわかる景色ですよね。

 

DSCF0123.jpg 奉納葡萄酒樽
日本酒の樽はよく見かけますが、ワインの樽が奉納品として飾られているのは珍しいですよね。

 

 

Read More

トライエックス!これを4号か5号で焼いてこそ味がでる

2012-10-20 / 写真 / 0 Comments

タイトルは、ゆうきまさみ「究極超人あ〜る」の鳥坂先輩が言った迷セリフです。
極端な意見では有りますが、極端なほうが味が出ると言うのも確かです。

このセリフに出てきてる用語を簡単に説明すると
トライエックス(Tri-X)
コダック製のISO400でコントラスト高めの白黒フィルム。
驚くべきことに誕生は1954年! 60年近くも使われ続けているフィルムだったりします。

4号か5号
白黒写真用の印画紙の規格、号数が大きいほどコントラストが高くなります。
5段階?なので4号 5号はコントラストがかなり高めになります。

つまり、コントラスト高めのフィルムで撮影してコントラスト高めの印画紙に焼け! と言うことです。
これに従うと、階調?なにそれ? って感じでハイコントラストな仕上がりになります。

上手くハマれば格好良い写真に仕上がるため、つい多用してしまいます。
と言うわけで、簡単に鳥坂仕様の加工をするためにLightroom4でプリセットを作っちゃいました。
鳥坂プリセット

前の記事の写真で使った設定をプリセット化したものです、Lightroom4に読み込ませればそのまま使えるはず?

Read More

鳥坂先輩

2012-10-06 / 写真 / 0 Comments

鳥坂先輩の迷言「トライエックス!これを4号か5号で焼いてこそ味がでる」にしたがって、
トライエックス風プリセットと5号ペーパー風プリセットを組み合わせてみました。

鳥坂先輩の言う味ってこんな感じなんですかね?

Read More

石垣

2012-10-05 / 写真 / 0 Comments

最近モノクロ加工に興味が出てきました。

Read More