トライエックス!これを4号か5号で焼いてこそ味がでる

/ 10月 20th, 2012/ Posted in 写真 / No Comments »

タイトルは、ゆうきまさみ「究極超人あ〜る」の鳥坂先輩が言った迷セリフです。
極端な意見では有りますが、極端なほうが味が出ると言うのも確かです。

このセリフに出てきてる用語を簡単に説明すると
トライエックス(Tri-X)
コダック製のISO400でコントラスト高めの白黒フィルム。
驚くべきことに誕生は1954年! 60年近くも使われ続けているフィルムだったりします。

4号か5号
白黒写真用の印画紙の規格、号数が大きいほどコントラストが高くなります。
5段階?なので4号 5号はコントラストがかなり高めになります。

つまり、コントラスト高めのフィルムで撮影してコントラスト高めの印画紙に焼け! と言うことです。
これに従うと、階調?なにそれ? って感じでハイコントラストな仕上がりになります。

上手くハマれば格好良い写真に仕上がるため、つい多用してしまいます。
と言うわけで、簡単に鳥坂仕様の加工をするためにLightroom4でプリセットを作っちゃいました。
鳥坂プリセット

前の記事の写真で使った設定をプリセット化したものです、Lightroom4に読み込ませればそのまま使えるはず?


Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website