余ったNASを有効活用

大容量で高速なNAS買ったので使わなくなってしまったLinkStationですが、
このまま使わずに放っておくのはあまりにも勿体ないです。
容量が少ないとはいえ1TBx2のNASですので、ミラーリングがからストライピングに
組み換えれば2TBの容量は確保できます。

ReadyNASはバックアップ機能としてsmbを宛先にできますので、LinkStationを宛先に
すればRAID+バックアップという冗長性の高い運用が出来ます。
と言うわけで、ReadyNASに自動バックアップのスケジュールを設定してバックアップ運用の
体制は設定完了です。

LinkStationをバックアップの保存場所にしましたが、まだ容量的には余裕がありますので、
さらに有効活用してしまいましょう。

と言うわけでMacのTime Machineの保存先にしてみました。

Time MachineはMacに直接接続されたHDDかTime Capsuleしか保存場所として
選択できないのですが、以下のコマンドをターミナルから入力するとNASなどのファイル
サーバーも保存場所として認識できるようになります。

defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1

Time Machineの保存先としてNASが認識されるようになりましたが、
このままではバックアップに使うことは出来ないのでTime Machineの
イメージファイルを作成します。

イメージファイル作成の手順はここを参考にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください